HOME > こころの糧に > 正月の正の字

こころの糧に

正月の正の字

「アノネ、正月の正という字はね、
        一にとどまる(止まる)ーと書くんだよ」
        いまは亡き、三国浄春(みくにじょうしゅん)師がよく言いました。

        一とはなんでしょう?
        一とは原点、要するに自分のこと
        自分が自分に止まるー
        つまり、自分が自分になる
        それが正。

        リンゴがリンゴになるーそれが正。
        みかんがみかんになるーそれが正。

        フラフラとわき見ばかりしていた自分が
        本来の自分に帰って落着くー
        それが正。

        正月の正の字を見ると
        三国さんの、あのさわやかなやさしい
        笑顔が浮かんできます。

                            相田みつを 「正月の正の字」


              明石海峡大橋の初日の出