HOME > こころの糧に > 貫く光

こころの糧に

貫く光

はじめに ひかりがありました
ひかりは 哀しかったのです
ひかりは
ありと あらゆるものを
つらぬいて ながれました
あらゆるものに 息を あたえました
にんげんのこころも
ひかりのなかに うまれました
いつまでも いつまでも
かなしかれと 祝福(いわれ)ながら


八木重吉 「貫ぬく 光」