HOME > こころの糧に > 日日草

こころの糧に

日日草

今日も一つ

悲しいことがあった

今日もまた一つ

うれしいことがあった

笑ったり泣いたり

望んだりあきらめたり

にくんだり愛したり

・・・・・・・・

そしてこれらの一つ一つを

柔らかく包んでくれた

数え切れないほど沢山の

平凡なことがあった


星野富弘   『鈴の鳴る道―花の詩画集 』