HOME > こころの糧に > あるクリスマスの出来事

こころの糧に

老いたひとりの農夫が、ゆり椅子に身をゆだねて
暖炉の火を見つめていた。
   遠く教会の鐘が鳴っている。
    クリスマス・イブ。
彼はもう長いこと、教会に背を向けて生きてきた。
「神が人間になっただと?ばかばかしい。
 だれがそんなことを信じるものか。」
   眼を閉じ、薪のはじける音を聞きながら
    彼はまどろみかけていた。

突然、窓ガラスに何かがぶつかる烈しい物音。
それも次々に、さらに、さらに烈しく。
何事かと、彼は身を起こした。
   窓際に立って見たものは
   音も無く雪の降り積もる夜闇の中に
   この家を目指して押し寄せてくる
   おびただしい小鳥の群れだった。
雪闇に渡りの途(みち)を誤ったのだろうか。
小鳥たちはともしびを求めて
ガラス窓に次々と打ち当たっては
むなしく軒下に落ちていく。

彼はしばし呆然とその有様を眺めていたが
外に出るや、雪の降り積もる中を一目散に納屋へと走った。
   扉を大きく左右に開け放ち、電灯を明々と灯して
   干し草をゆたかに蓄えた暗い納屋へ
   小鳥たちを呼び入れようとした。
彼は叫んでいた。
「こっちだ、こっちだ、こっちへ来い!」

しかし、はばたく小さいいのちたちは
彼の必死な叫び声に応えず
なおもガラス窓に突き当たっては、死んでいった。
   農夫は 心のうちに思った。
   「ああ、わたしが小鳥になって、
    彼らの言葉で話しかけることが出来たなら!」

一瞬彼は息を飲んだ。
彼は瞬時にして悟ったのだ。
「神が人になられた」ということの意味を。
彼は思わず、その場にひざまずいた。

今や、人となり給うた神の神秘に満ちた愛が
ひざまずく老いた農夫を静かにおおい包んでいた。
彼の上に降りかかり、降り積もる雪は
そのしるしとなっていた。

                         佐久間 彪