HOME > 心に響く私のみ言葉 > 12月生まれのシスターから

心に響く私のみ言葉

「わたしの目にはあなたは値高く、貴く 
  わたしはあなたを愛し
  あなたの身代わりとして人を与える。」イザヤ43:4

 

 終生誓願宣立の前から、私を励まし続けている聖句ですが、一層深くこのみ言葉が私の深奥に浸みこんできたのは、終生誓願立ててから数年後に与った一か月の霊操中でした。無意識のうちに自分の内にため込んでいて、表出されなかった想いを注ぎ出す作業の末に浸みこんできました。私の全てを知り、「あなたのために死んでもいい。」と私にいのちをかけて愛してくださる主のメッセージでした。あれから、沢山の任地に赴き、様々な仕事に関わらせていただきました。新しくなる度、戸惑いもついてまわりますが、どんな私でも主は私を尊いものと観ていてくださると確信して、喜びと平和に過ごしてこられたと思います。人間関係に苦しむ友もたくさんいますが、分かち合いに耳を傾けながら、心の中で「でも、あなたは、今のあなたのままで神様に愛されていますよ」と呪文のように繰り返しています。 
                              12月6日生まれのシスターHより


「見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。
 だれかがわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、
 わたしは中に入ってその者と共に食事をし、
 彼もまた、わたしと共に食事をするであろう。」
               ヨハネの黙示3:20

私が初めてキリスト教の宗教画に接したのが、とってのない戸口に立っておられるイエス様の絵でした。すごく印象に残っています。今も生活の中で日々思い出します。励まし、癒しをくれるみ言葉です。
              12月25日生まれのシスターMより