HOME

「心の糧に」を更新しました

喜び 3

ホアキナの思いは、 残っている書簡から
よく読み取ることができますが、手紙だけではなく
当時一緒に過ごした人々の証言からも伝えられています。
「マドレは、時々大いに満足して涙を流すほどお笑いになりました」
というものもありました。

そしてこの雰囲気は21世紀の今も
愛徳カルメル会に受け継がれています。

さて、ホアキナは真実な生き方こそが、本当の喜びを
保証してくれると確信していました。
どんな私であっても神様はこの私を愛し続けてくださっているのです。
だからホアキナは「自分自身であるように」と勧めます。
そして例えば「人を喜ばせるためであっても自分を偽るのは、
自分自身をも傷つけることになるのだ」と教えます。



「ありのままの人間であるよう努めること」が
ホアキナ・デ・ベドゥルナ共同体の目標です。

                            

                                  続く・・・


「心の糧に」を更新しました

喜び 2

ホアキナの書簡には、次のように記されています。

主は私に
少しの苦みを混ぜることなしには
喜びを与えることを
お望みにならないのだと知っています。
忍耐しましょう。
あわれみの父は、全てをよくしてくださいます。
その慈しみに信頼いたしましょう。      
                   (No.41)

事実、ホアキナの人生には多くの困難がありました。12歳の時、
シスターになろうと近くの修道院の扉をたたきましたが、まだ幼いために断られました。
結婚後は、夫の両親から「息子にふさわしくない相手」として扱われたり、
9人の子どものうち3人が早く天に召されたり、野党の政治活動化の母という理由で
投獄されたりしました。修道会を創立してからも、
内乱によって国外へ逃亡しなければならないこともありました。
そんなときも、神様への信頼は揺るぎなく、
現に大きな困難も感謝のうちにすぎ越すことができました。



こんな手紙の文章もあります。

色々な出来事を体験し、今も体験していますが、
神様は私がすっかり落胆してしまわないように
何らかの力を私に与え、
いつもお世話をしてくださることを毎日感じています。
そうです。私の娘よ、
十字架の道において、それを全部担われるのはイエス様だとわかります。
さあ、前進いたしましょう!          (No.92)



                                 続く・・・


「心の糧に」を更新しました