HOME

「心の糧に」を更新しました

タゴールの言葉

インドの詩人であり、アジア人で初めてノーベル賞(文学)を受賞したタゴールの名言を集めたホームページを読んでいたら、心に響く詩を見つけました。



危険から守り給えと祈るのではなく、
危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、
痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、
自分自身の力を見いだせますように。

不安と怖れの下で救済を切望するのではなく、
自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功のなかにのみあなたの恵みを感じるような
卑怯者ではなく、失意のときにこそ、
あなたに導かれていることに気づけますように。

                 ラビンドラナート・タゴール『果物採集』より 石川拓治訳


     信仰とは、夜明け前の闇の中で光を感じ歌っている鳥のようなもの

                      ラビンドラナート・タゴールの名言集より


日々の祈りと活動を更新しました

すべてのいのちを守るための月間

教皇フランシスコの訪日にこたえ昨年、司教団の呼びかけによって9月1日から14日は「すべてのいのちを守るための月間」と定められました。


本部修道院では、いつも夕の祈りのあとは皆で「新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り」を捧げていますが、今月は「すべてのいのちを守るためのキリスト者の祈り」を捧げています。



コロナ禍に身を置き、はや2年になろうとしています。いつまで続くのか、どうなるのか。先の見えない状況は私たちを不安と絶望に誘います。
しかし、こんな時だからこそ、祈りの大切さを感じます。



主よ、すべてのいのちを守るため、

一人ひとりのの心を照らしてください
わたしたちの役割を示して下さい
あなたの愛の道具として遣わせてください
あなたを讃美することができますように

私たちの主イエス・キリストによって。アーメン。



「心の糧に」を更新しました