HOME

死者の月

11月は死者の月です。大切な人との別れはつらいですが、天国でまた会えることを信じています。
文語体ですが、心が慰められる詩を紹介します。



家には一人を減じたり 楽しき団欒は破れたり
愛する顔 いつもの席に見えぬぞ悲しき
さはれ 天に一人を増しぬ 清められ 救はれ
全うせられしもの一人を

家には一人を減じたり 帰るを迎ふる声一つ見えずなりぬ
行くを送る言葉 一つ消え失せぬ
別るることの絶えてなき浜辺に
一つの霊魂は上陸せり 天に一人を増しぬ

家には一人を減じたり 門を入るにも死別の哀れにたえず
内に入れば空きし席を見るも涙なり
さはれ はるか彼方に 我らの行くを待ちつつ
天に一人を増しぬ

家には一人を減じたり 弱く浅ましき人情の霧立ち蔽いて
歩みもしどろに 目も暗し
さはれ みくらよりの日の輝き出でぬ
天に一人を増しぬ


げに天に一人を増しぬ 土の型にねじこまれて
キリストを見るの目暗く 愛の冷ややかなること
いかで我らの家なるべき 顔を合はせて吾が君を見まつらん
かしここそ家なれ また天なれ

地には一人を減じたり その苦痛 悲哀 労働を分つべき一人を減じたり
旅人の日ごとの十字架をになふべき一人を減じたり
さはれ あがなわれし霊の冠をいただくべきもの一人を
天の家に増しぬ

天に一人を増しぬ 曇りし日もこの一念に輝かん
感謝 讃美の題目 更に加はり
吾らの霊魂を天の故郷にひきかかぐるくさりの環
さらに一つの環を加へられしなり

家に一人を増しぬ 分るることのたえてなき家に
一人も失はるることなかるべき家に
主イエスよ 天の家庭に君と共に坐すべき席を
我らすべてにも与えたまえ

「天に一人を増しぬ」 
            セラ・ゲラルデナ・ストック作   植村正久訳


「心の糧に」を更新しました

やなせたかし の言葉

先日、「あんぱんまん」の作者である「やなせたかし」さんについての本を読みました。
波乱万丈の人生の中で発せられた、たくさんの名言がありました。
いくつか心に触れた言葉を紹介します。




難しい仕事や未知の仕事には、好奇心と冒険心をそそられる。新しいことに挑戦するのはすごいチャンスだと思う。声をかけられたら、「できない」と断らずに、無理やりでもやってしまえばいいんだ。


経験したことすべてが役立つんです。だから失恋しても、泥棒にあっても、戦争にあっても、病気しても、目の前に起こることすべてが役立つんですよ。


生きているから悲しい、生きているから嬉しい。


             『やなせたかし 明日をひらく言葉』(PHP文庫)ほか、参照


日々の祈りと活動を更新しました

10月が終わろうとしています

ロザリオの月が終わりに近づいています。
毎日気になるコロナの感染者数が、だいぶ減っているようです。
まだまだ油断はできませんが、少し明るいニュースだと感じています。


生活様式が大きく変わり人との関りが少なくなっています。
病院や介護施設での面会が制限され、家族と会えず孤独を感じている人がいます。
働く場を失い、経済的に苦しい人たちがいます。
貧困が、子どもたちの間にも広がっています。

ソーシャルディスタンスをとりながらも、人と人の心の距離は近くありたいと思います。

まだまだ続くウィズコロナの生活で、人々にどうやって喜びの便りを届けていくのか?

あなたの笑顔や優しい言葉を待っている人は、すぐ近くにいますね・・・