HOME

日日草

今日も一つ

悲しいことがあった

今日もまた一つ

うれしいことがあった

笑ったり泣いたり

望んだりあきらめたり

にくんだり愛したり

・・・・・・・・

そしてこれらの一つ一つを

柔らかく包んでくれた

数え切れないほど沢山の

平凡なことがあった


星野富弘   鈴の鳴る道―花の詩画集

 


「心の糧に」を更新しました

イエス

イエスの名を呼びつめよう
入る息 出る息ごとに呼びつづけよう
いきどおりがわいたら
イエスの名で溶かそう
弱くなったら
イエスの名でもりあがって強くなろう
きたなくなったら
イエスの名できれいになろう
死のかげをみたら
イエスを呼んで生きかえろう


                   八木 重吉「花と空と祈りと」


「日々の祈りと活動」を更新しました

明けましておめでとうございます


新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2019年を振り返ってみると地球温暖化の問題、通り魔的な殺人事件、消費税が10パーセントになるなど、社会を不安にさせる出来事が数多くありました。しかし、そんな中でも、教皇フランシスコの来日は、日本全体に聖霊の風を送ってくださいました。

新たに始まった2020年は、どんな一年になるのでしょう?
日々の出来事や、人を通して主が送ってくださるメッセージを受け取ることができますように。
神様がどんな恵みをくださるか楽しみですね!


本日1月1日は主の降誕八日目で「神の母聖マリア」の祭日です。新しい年の幕開けが、マリア様の祭日というのは何か大きな意味を感じます。

そして、「世界平和の日」でもあります。復讐や憎しみの連鎖を断ち切り、この地上にまことの平和が訪れることを心を合わせて祈ります。

神の母であり私たちの母でもあるマリア様が、祈りを取り次いでくださいますように。