HOME

「日々の祈りと活動」を更新しました

阪神・淡路大震災

6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から今日で25年。鷹取教会では早朝、追悼の式が行われましたした。宗教や国籍を超えて沢山の方が集まりました。聖書のみ言葉は日本語とベトナム語で朗読され、般若信教の読経に心を合わせながら、ろうそくを捧げ焼香し、亡くなられた方たちのために祈りを捧げました。

突然、大切な人を失った方々の悲しみや苦しみはまだ癒されていないかもしれません。そして、今なお、苦しい中で生活している方たちも多くいらっしゃるかもしれません。

サルベを歌いながら聖母の御手に、亡くなられた方の魂、被災された神戸の街、そして被災された方々をおゆだねしました。




本部修道院は神戸市垂水区にあります。被災されたシスター達は、当時の様子や大変だったことを話してくださいました。四半世紀という時の流れの中で、震災を経験していない人が増えてきています。この震災を風化させることなく、語り継ぎ、そして祈りの中で連帯し続けていきたいと思います。


「日々の祈りと活動」を更新しました

その後いかがお過ごしですか

待降節、降誕節を過ごし年間の典礼が始まりました。思い起こせば2か月前、フランシスコ教皇の来日で日本中が(?)盛り上がりました。「あなたに話がある」と私たちに近づいてきてくださったパパ様。あなたはパパ様とどんな話をしたか覚えていますか?

今日、大阪教区のシスターたちの集まりがあり、酒井司教様が「教皇フランシスコが日本に残したもの」というテーマでお話をされました。酒井司教様はパパ様の印象を「仕事をするためではなく寄り添うために来られた方」と表現されました。

過密なスケジュールの中、時間が押していたこともたびたびだったそうです。でも、時間通りにスケジュールをこなすことではなく、被爆者の声や、子供たちの演奏に耳を傾けることを選ばれたパパ様。自分を待つ人たちに示される親しみのこもった愛深い笑顔は、今も記憶に新しいです。

私たちはパパ様からどのような問いかけをいただきましたか?
それにどのように応えましょうか?

今日から始めましょう!明日からではありません。という言葉で集会は終わりました。

今年の目標は「パパ様から頂いたメッセージを生きる」というのはどうでしょうか??




「心の糧に」を更新しました