HOME

1月生まれのシスターから

「もしあなた方が、わたしのことばにとどまるなら、あなた方は本当にわたしの弟子です。
 そしてあなた方は真理を知り、真理はあなた方を自由にします。」ヨハネ8:31-32
「力の限り見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はここから湧く。」箴言4:23

 この二つのみことばが私の心に響くようになってから、40年余りの年月が過ぎていきました。唯一の真理は神おひとりだけですが、私たち自身の歴史、現実もそれが実際に起こった出来事、体験、状態であるという意味で、小さな真理の一端といえる気がします。そしてその現実は、ときに望ましいものではなく、罪であることさえあります。
 私が自分の内なる世界の底にある否定的なものに目をとめ、受け入れた時に感じたあの自由の実感によって、このみことばを体験したことが何回かありました。今でもその体験は忘れられずに私の中に生きています。というわけでこのみことばは今もなお私に、真実に生きるようにと招き続けています。一人一人のうちに与えられているいのちの泉が、私の中でも湧き出し、あふれ出すのを注意深く大切に見守りたいと願います。      1月8日生まれのシスターWより



 「わたしはあなたがたをみなしごにはしない。」ヨハネ14:19
 「女が自分の乳飲み子を忘れるであろうか。母親が自分の生んだ子を憐れまないであろうか。
  たとえ女たちが忘れようとも、わたしがあなたを忘れることは決してない。」イザヤ49:15

 神様からの愛のみことばに信頼と安らぎを感じ、すべてを主にゆだねるように促されます。現代社会には、この愛を感じることが少なくなったように思います。
 しばしば弱さに陥る私ですが、「忘れない」「みなしごにはしない」この力強い言葉に照らされて、また元気を出して最後まで歩み続けていきます。
 また多くの人が神様の愛の気付くことができるように祈ります。
    1月10日生まれのシスターSより



 「恐れるな、あなたはわたしのもの。わたしはあなたの名を呼ぶ。
  わたしの目にはあなたは値高く、貴くわたしはあなたを愛している。」イザヤ43:1,4

「自分なんてダメなんだ」と決めつけていた、悲観的で恐れに覆われたトンネルの中にいた時がありました。自分ではどうしようもなく長く苦しい時でした。あの時、このみことばに出会って「おまえが勝手に『自分なんかダメなんだ』と言っているが、わたしの目におまえは価値があるんだよ。大切なんだよ。」という神さまの言葉が心に響き、真っ暗な闇の中に、パーっと光がさしたことを今も覚えています。
 今の私は、前向きにイエス様と共に、喜びながら毎日を過ごしていますが、時には自分にがっかりすることがあります。そんな時、
このみことばが私を励まし勇気づけてくれます。   1月11日生まれのシスターTより



 「苦しみがキリストから溢れ出すように、
    慰めもまたキリストから溢れ出るのです。」
                 第二コリント1:5

主にすべてをお委ねして、み心のうちにお捧げしています。
 心にあるお一人お一人に心から感謝してお祈りしています。
        

          1月15日生まれのシスターK  病床より



 「常に喜べ。たえず祈れ。どんなことにも感謝せよ。」
                 第一テサロニケ5:17-19

 そんな風になれたらどんなにいいでしょう。
 愛に生きるためだけにこの生活に召されたのに、と思います。

               1月19日生まれのシスターAより



 「丈夫な人に医者はいらない。いるのは病人である。
               わたしが来たのは義人を招くためではなく、
                      罪人を招くためである。」マルコ2:17

   私はこの言葉が好きです。
   思い出すたびに神様の愛といつくしみが
   深く感じられます。
         
           1月22日生まれのシスターSより


いつくしみの特別聖年

 いつくしみの特別聖年を迎えて数か月が過ぎ、この2月10日に灰の水曜日を迎え、四旬節が始まります。「イエス・キリストは、父のいつくしみのみ顔」のロゴマークと共にこの言葉、感動しますね。
ペトロの手紙の中に・・・わたしたちの主イエス・キリストの父である神がほめたたえられますように。神の豊かな憐れみにより、わたしたちを新たに生まれさせ、死者の中からのイエス・キリストの復活によって、生き生きとした希望を与え、またあなたがたのために天に蓄えられている、朽ちず、汚れず、しぼまない財産を受け継ぐ者としてくださいました・・・とあります。
    (ペトロの第一の手紙1:3、4)
 神さまの一方的ないつくしみによって、豊かな恵みを注ぎ、わたしたちを生きるものとしてくださいました。そう今、この時、周りにいる友だち、家族、同僚、物や自然界との関わりを通して生かされていることがわかります。すべてに感謝です。そしてまたともに感動したり、喜び合ったり大切にし合いながら、生かされたいと思います。
 この山陰の地にも、1月の中頃から雪マーク。寒波と共に一面の銀世界になりました。雪が日の光に照らせれてきらきらと輝くその瞬間、美しいと声が出ます。神さまのいつくしみに励まされたり、あたためられたり、照らされたりしながら感謝とほっとする癒しの時間を過ごしてみてください
                         鳥取の修道院より


若者の集い 新年会をします!

新しい年、
仲間と一緒に、夢を語り
自分の大切なものがなんであるかをさがしてみませんか?

日時:2016年1月30日(土) 10時から16時
場所:愛徳カルメル修道会 門真修道院
同伴:長崎神父様(クラレチアン会)・愛徳カルメル会シスターズ
申込み:門真修道院06-6908-2327(シスター春名)へ
         

                     お待ちしています!!

今年の大きなお祝い!!

 教会の暦は最終週となりました。一年を振り返る時でもあります。そんな中で、私たちの今年の大きな喜びはこれだったかな…と思います。以前のテーマと重複しますけれど、寄せられた原稿と写真を掲載します。

 美しい秋の青空、大小の船がゆっくり往来している穏やかな瀬戸内海をぼんやり眺めていると、天地の創造主から、いろいろなおことばが聞こえてくるように思えます。

 この夏、ローマの本部から二人の総長チームのメンバーが来られ、日本管区のために七日間のカリスマ研修会が催されました。管区全員が集まって、本会の創立、創立者の霊性、会の現状、六年ごとに行われる総会議の歴史、もう一つの修道生活は可能であること、等について聴き、学び、考え、祈り、皆で分かち合いました。
 講師のシスター方の心のこもった準備に感謝感激。創立者の霊性、創立の歴史をさらに深く知って、私たちは会の懐にいっそう抱かれ、もっと本会の娘になったと感じました。この修道会の家族であることをあらためて感謝し、大きな喜びのうちの奉献生活の日々をよく生きたいと思います。


 研修会が終わった翌日、今年奉献生活75周年を迎えたシスターヘスサ・エチャベリアのダイヤモンド祝を大きな喜びのうちに皆で祝いました。今から65年前に愛徳カルメル会の宣教女として他の五名のシスター達と来日されたシスターは今年、95歳の誕生日を祝いました。シスターにとって今年は特別な年でした。
 大阪大司教様の司式で感謝のミサに参加し、その後姉妹たちが心を込めて準備した祝賀会はシンプルながら家族的な雰囲気の中で喜びいっぱいでした。教皇フランシスコからの特別なお祝いのカードを総長より送られ、シスターヘスサは感無量のご様子でした。
 私たちも、シスターとご一緒に感謝!そして皆で新たな恵みを願いました。


 「神がなさったことを畏敬の念をもってすべての人々に語り、
         神に感謝することをためらってはなりません」トビト12の6


面白いな 聖書 不思議だな

◎旧約、新約聖書を通して一番短い≪章≫はどれでしょう?
                    それは、詩編117(2節)

◎では、一番長い≪章≫は?            詩編119(176節)

◎真ん中にある≪章≫は?             詩編118


       人間に頼らず、主を避けどころとしよう。
          君侯に頼らず、主を避けどころとしよう。   詩編118:8.9



     詩編118の前に594章あります。  そして、後にも594章あります。
            594+594=1188となります。

     面白いと思いませんか?不思議だと思いませんか?
     真ん中に記されているのが、上記の言葉です。

             もうすぐ聖書週間がが始まりますね。
             祈りを込めて。
                                  垂水修道院より