HOME > 日々の祈りと活動

日々の祈りと活動

シスターたちのつぶやき、祈りや活動の分かち合いをしていくコーナーです。

典礼暦のおおみそか


私たちが歩んできた典礼暦C年は、11月24日の「王であるキリスト」で一区切りとなります。来週、12月1日は「待降節」を迎え新しい典礼暦A年が始まります。
「王であるキリスト」の祭日は、この世の終わりに王として再臨されるキリストを祝います。大きな祝日の前には、いつものお祈りとは別に「聖時間」があるので、王であるキリストをたたえて皆で祈りました。


イエスはいつご自分を王として示されたのでしょうか。それは十字架においてです。十字架という失敗の中に、イエスから与えられる無償の愛が現れます。この日の福音はルカ23:35-43です。
随分前ですが、教皇フランシスコが「お告げの祈り」で話された言葉を引用します。

「イエスは、わたしのためにご自分のいのちをささげてくださいました。それにより、わたしたち一人ひとりは、自分の罪から救われます。」

イエスとともに十字架にかけられた犯罪人の一人は、このことをよく理解していました。「善い盗人」とも言われるこの男はイエスに懇願しました。「イエスよ、あなたのみ国においでになるときには、わたしを思い出してください」(ルカ23・42)。しかし、この人は堕落した犯罪人であり、その人生の中で犯した残虐行為のために死刑に処せられ、そこにいたのです。それでもこの人は、イエスの態度、イエスの従順さに愛を見いだしました。イエスの王職は、わたしたちを抑圧するのではなく、むしろ弱さや不幸から解き放ち、善と和解とゆるしの道を歩くよう勇気づけます。イエスの十字架を見つめ、「善い盗人」を見つめ、彼のことばを一緒に唱えましょう。「イエスよ、あなたのみ国においでになるときには、わたしを思い出してください。」自分が弱いと感じ、自分が罪人で、打ちのめされたと感じるときには、自分を見てくださるようイエスに願い求めてください。そして「あなたはそこにおられます。どうかわたしのことを思い出してください」と言ってください。

この世にはあまりにも多くの分裂があり、人類のからだはあまりにも多くの傷を負っています。そのような状況を前にして、おとめマリアの助けを願い求めましょう。わたしたちが、愛情と理解といつくしみをもってみ国を告げ知らせ、王であるキリストに倣うことができますように。



もうすぐ・・・

教皇様来日まであと10日あまりとなりました。教皇ミサの参加を申し込んで当選した方の手元には葉書が届いているようです。残念ながらミサには参加できませんが、教皇様がいらっしゃる日が待ち遠しいです。

このたび、教皇様がテーマに挙げられた「すべてのいのちを守るため PROTECT ALL LIFE」は、回勅『ラウダート・シ』の巻末に収められている「被造物とともにささげるキリスト者の祈り」から取られたそうです。

「主のご降誕を待ちのぞむ待降節のような気持ち」と言ったら大げさですが、教皇様のご意向に心を合わせて祈りつつお待ち申し上げます。



被造物とともにささげるキリスト者の祈り

父よ、
あなたが造られたすべてのものとともに、あなたをたたえます。
すべてのものは、全能のみ手から生み出されたもの。
すべてのものはあなたのもの、
あなたの現存と優しい愛に満たされています。
あなたはたたえられますように。

神の子イエスよ、
万物は、あなたによって造られました。
あなたは母マリアの胎内で形づくられ、
この地球の一部となられ、
人間のまなざしで、この世界をご覧になりました。
あなたは復活の栄光をもって、
すべての被造物の中に今日も生きておられます。
あなたはたたえられますように。

聖霊よ、あなたはその光によって、この世界を御父の愛へと導き、
苦しみにうめく被造物に寄り添ってくださいます。
あなたはまた、わたしたちの心に住まい、
善をなすよう、わたしたちを息吹かれます。
あなたはたたえられますように。

三一の主、
無限の愛の驚くべき交わりよ、
わたしたちに教えてください
宇宙の美しさの中で、
すべてのものがあなたについて語る場で、
あなたを観想することを。
あなたがお造りになったすべての存在にふさわしい、
賛美と感謝を呼び覚ましてください。
存在するすべてのものと深く結ばれていると感じる恵みをお与えください。

愛の神よ、
地球上のすべての被造物へのあなたの愛の道具として、
この世界でのわたしたちの役割をお示しください。
あなたに忘れ去られるものは何一つないからです。
無関心の罪に陥らせず、
共通善を愛し、弱い人々を支え、
わたしたちの住むこの世界を大切にできるよう、
権力や財力をもつ人々を照らしてください。
貧しい人々と地球とが叫んでいます。

おお、主よ、
すべてのいのちを守るため、
よりよい未来をひらくため、
あなたの力と光でわたしたちをとらえてください。
正義と平和と愛と美が支配する、あなたのみ国の到来のために。
あなたはたたえられますように。
アーメン

2015年5月24日 聖霊降臨の祭日
  ローマ、聖ペトロの傍らにて
              フランシスコ

(教皇フランシスコ著『回勅 ラウダート・シ』カトリック中央協議会発行 2016年 210頁)
被造物とともにささげるキリスト者の祈り


祈りの集い

本日、本部修道院では祈りの集いが行われました。参加者は1名だけでしたが、ゆったりと静かな時間を過ごしました。私たち3人は自己紹介から始まり詩編のみ言葉を分かち合い、自分の人生を振り返りました。それぞれが歩んできた道は主の恵みの中にあることに気づかされました。分かち合いの中で、お互いが心から自分を開き、そこに聖霊が豊かに働いてくださったと感じています。またの再会を約束し、集いは終了となりました。
今後も、集いを計画していこうと思っているので、多くの人の参加をお待ちしています!


死者の月 

11月は、カトリック教会では「死者の月」とされています。特に11月2日は死者の日になっていて、今は天にいるすべての人を思いながら、死者のための祈りを共にします。愛する人ともう、話すことも触れることができないことは、とても悲しいことです。死は現実にはつらい別れかもしれません。しかし、私たちの目をイエス様に向けたら地上のいのちを超えた「永遠のいのち」があることに気づかされます。
亡くなられた方の魂が神さまの御もとで安らかに憩うことができますように、そして天の国から私たちを見守り祈りを取り次いでくださるよう、共同体で一緒に祈りながら死者の月を過ごしていきたいです。


 福音宣教のための特別月間も第4週目を迎えました。私は、2週目、3週目は年の黙想にあずかっていて、修道院にはいなかったので、共同体の姉妹方と心を合わせて祈りました。離れていても一致できるのは祈りの素晴らしいところですね。1週目と同じように、毎週ポスターを作って意識化を図っています。



 夕の祈りの後に、祈っている祈りをご紹介します。

「あなたがたは、私の証人となる」(使徒たちの宣教)

天の父よ、
このイエスのことばをおもいめぐらすときに、
大事なことに気づきます。
イエスの証人になるために、
イエスとの出会いの中で与えられる恵みを
しっかりと心に受け止める必要があることです。
父よ、わたしたち一人ひとりと教会共同体が、
イエスのことばに導かれて、
また、イエスのいのちに生かされて
歩むことができるように
聖霊を注いでください。
イエスの証人になる恵みを心から祈ります。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。