HOME > 日々の祈りと活動

日々の祈りと活動

シスターたちのつぶやき、祈りや活動の分かち合いをしていくコーナーです。

平和を祈る

8月6日から始まった、平和旬間ですが今年は、平和憲法を守るために、もっと祈り行動しなければ!という、気持ちで過ごしてきました。そして、迎えた最終日8月15日。今日は聖母の被昇天の祝日であり、1492年、フランシスコザビエルが鹿児島に上陸した日でもあり、そしてなによりも、太平洋戦争が終わった日。なにか、神様の働きを感じさせるこの日、心を合わせて世界の平和のために祈りました。
平和旬間が終わっても世界の平和のため、そして日本の政治家のためにも祈り続けなければと思っています!

PS.初めてのエントリーのため画像を取り込むなど、とても難しくて四苦八苦です!
   後日、乞うご期待!
   果たしてこれもきちんとできているのかわかりませんが・・・

松戸共同体


わたしたちは忙しすぎます
ほほえみを交わす暇さえありません
ましてや
愛を与えたり、受けたりする暇は、ない状態です

ごうまんで、ぶっきらぼうで、利己的になるのは
いともたやすいことです
でもわたしたちは、もっとすばらしいことのためにつくられているのです

この世で いちばん美しいことは
神さまがわたしたちを愛してくださるように
わたしたちも互いに愛し合うことです

わたしたちがこの世にいるのも
この目的のためです

マザーテレサのことば


佐野共同体のマリア・ガーデン


無原罪の聖母マリアに捧げられた掛川教会が新しくなりました。
永年の小教区の方々の願いと努力、神の慈しみと協力者の働きによるものです。
感謝のうちに、ご聖体の安置される日を心待ちにしています。

「大地の恵み、労働の実り」といえば・・・
私の図書館へ行く近道に水田があります。
ある日、土が起こされ、水がはられ、田植えがされ、土が乾いたころには水が入ります。
2,3日通らなければ、その間に稲は急成長!緑の穂にふくらみが感じられれば、あくる日には、キラキラテープがめぐらされています。
作物は、神からの贈り物の土と水、空気と太陽、人の労働と成長を願う祈りの実りなのでしょう。

水田の向いには、畑にひまわり。光を浴びて神をたたえています。
私も一緒に神に賛美と感謝!!               Shimada ccv



平和を願う祈り

ご一緒に祈りましょう!


 慈しみ深い神さま、人類は長い歴史の中で、平和を求めながらも、罪と悪の力に支配され、絶え間ない戦争と暴力をもって、あなたの似姿に造られた人間の尊い命を奪い、自然界をも破壊してきました。
この70年近く、戦争をしない国として生きてきた日本が、今大きな危機に直面しています。
世界の宝といわれている「憲法9条」を変え、戦争のできる国にしようとしています。
主よ、どうか政治家たちの心を悪の力から解放してください。そして日本国民を聖霊の光で照らし、
導いてください。
「平和憲法」を人類の宝として守り、世界の全ての人々と共に平和を築く力と勇気をお与えください。
 主イエス・キリストによって。アーメン。
 平和の元后聖マリア、私たちのためにお祈りください。


日々の祈り6月9日

私たちの食卓には、ご自分で育てたと運んでくださる食材で潤されています。
毎日感謝いっぱい!おなかいっぱい!いただいています。じゃがいも、たまねぎ、チンゲン菜、さやインゲン、きゃべつ、ラデシュ、だいこん、甘夏、そして梅・・・・
今日、姉妹がいただいてきたのは、こちらです。なんだかわかりますか?



さっそく野菜サラダにしていただきました。他の食材を邪魔しないお味ながら、落ち着いた食感は忘れがたいものでした。人を野菜にたとえて言うなら、私はこの野菜のようになりたいですね。その名は、「○ッ○―○」ですよ。
島田