HOME > 日々の祈りと活動 > 「憲法9条は人類を守る」

日々の祈りと活動

昨日は憲法記念日でした。私個人は、憲法9条は変えてはいけない、維持しなければいけないと思っています。漠然と・・・。しかし、今日、一つの記事を読んでその大切さがわかりました。
最初は何気なく読んでいましたが、どんどん引き込まれていき、この内容を他の人にも伝えたいと強く思ったのでご紹介します。。


書かれた方は国際ジャーナリストの伊藤千尋さんです。
ロシアのウクライナ侵攻によって、国を守るためには、さらなる武力を持たなければいけないという考えが、強まってきています。つまり、「武力には武力が必要だ」という考え方です。しかし、それが被爆国日本の取るべき姿なのか?と問いかけるのです。

伊藤さんの言葉です。
「私たちが憲法9条で守るのは、人間性です。『国を守る』という低レベルではありません。だからこそ私たちの訴えは国境を越えて普遍性を持つのです。敵や味方を超え人間性を守って初めて、世界は平和を手にできます。『9条で国を守れるのか』といわれたら、『9条は人類を守るのだ』と、誇りを持って堂々と言い返しましょう。

伊藤さんの言葉を読んで、どう思われましたか?これは、ピース9の70号に載っているA4で2枚ちょっとの記事です。そこには、岸田総理にアメリカと中国の仲介役をやってノーベル平和賞をもらって欲しいとも書かれており、しかし、そうなりそうにもないなら、どうやったら日本の政治を変えられるかと話が展開されていきます。


伊藤さんの答えです。
「誰か勇気ある人間がきっかけとなって社会を変えることができます」

このホームページを読む方はほとんどいないでしょう。
でも、もしホームページを読んでくださった方は、ピース9の記事に足を延ばして欲しいです。

最後に伊藤さんからのメッセージです。
「・・・今のロシアに比べれば、日本はまだまだ何でもできます。ならば僕は言いたい。
自分でやれることを最大のことをしましょう。社会正義をもたらすために。」