HOME > 日々の祈りと活動 > 8月に思うこと・・・

日々の祈りと活動

8月に思うこと・・・

8月は戦争と平和について考える機会が多いです。
1945年8月6日、アメリカ軍は広島市に原爆を投下し 約14万人が亡くなりました。
また、9日には長崎にも原爆が投下され、その約1週間後に日本は降伏し 第2次世界大戦が終わりを告げました。



もうすぐ原爆記念日を迎えます。
たくさんのいのちを一度に奪ってしまう戦争の悲惨さや残酷さを今一度、心にとめたいと思います。
教皇フランシスコは2019年に長崎 爆心地公園と広島 平和公園を訪れ、スピーチをされました。


教皇様はおっしゃいました。
「アッシジの聖フランシスコに由来する平和を求める祈りは、私たち全員の祈りとなると確信しています。」

主よ、わたしをあなたの平和の道具としてください。
憎しみがあるところに愛を、
いさかいがあるところにゆるしを、
疑いのあるところに信仰を、
絶望があるところに希望を、
闇に光を、
悲しみあるところに喜びをもたらすものとしてください。


    今月は教皇様のご意向に合わせ平和のために心を合わせて祈りたいと思います。