HOME > 日々の祈りと活動 > あれから26年

日々の祈りと活動

あれから26年

6,434人が亡くなった阪神・淡路大震災から今日で26年です。
NHKのニュースによりますと、
今年は新型コロナウィルスの影響で関連の追悼式などが縮小されましたが、参加された多くの方々は地震が起きた午前5時46分に静かに手を合わせ亡くなられた方へ黙とうをささげました。
神戸市中央区の東遊園地では、「がんばろう 1.17」の文字が灯籠の明かりで浮かび上がっていました。当時、復興の原動力となった「がんばろう」という言葉には、今多くの人が不安を抱えて過ごすコロナ禍を生きる私たちにも、「心を1つに苦難を乗り越えよう」というメッセージが込められているようです。


昨年、鷹取教会で行われた追悼式に参加して一緒に祈りをささげたことを思い出します。今年はコロナのことを思い、出向かず同じ時間に修道院から祈りを捧げ、亡くなられた方々そして被災された多くの方々に心を寄せました。
苦しい現実からここまで立ち上がってきた神戸の人たちの姿は、今コロナ禍にある私たちに何か問いかけているような気がします。

わたしは、あなたたちのために立てた計画をよく心に留めている、と主は言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。
                           (エレミヤ書29 章11 節)
泣きながら夜を過ごす人にも
喜びの歌と共に朝を迎えさせてくださる。(詩編30:6)