HOME > 日々の祈りと活動 > ニュースからの問いかけ

日々の祈りと活動

   「私たちには、未来の世代に対して大きな責任があることに気付かなければいけません」
              
                教皇フランシスコ 東日本大震災の被災者との交流会での言葉


連日、ニュースで、「COP25」(第25回気候変動枠組み条約締約国会議)という言葉を耳にします。この会議では、来年2020年から、温暖化防止の全世界的な取り組みである「パリ協定」が、始動するにあたり、CO2等温室効果ガスの大幅削減に向けた議論が行われています。日本はというと、温暖化対策に消極的な国に贈られる「化石賞」などというものを2回も頂戴しているとか・・・



「COP25」関連のニュースを調べてみると、ドイツの環境NGO「ジャーマンウォッチ」が、2018年、気象災害の最大被害国は「日本」と発表しています。西日本豪雨災害、猛暑、そして台風21号による被害、これらの災害による被害総額が少なくとも約358億ドル(約3兆8920億円)にのぼったことを、その選考理由としてあげています。地球温暖化はもう今そこにある「気候危機」です。

今のままぼんやりと安楽に生活していたら来年はさらにひどい酷暑、台風被害となることは目に見えています。地球温暖化の危機感、恐怖を感じ、いち早く行動を起こしたグレタ・トゥーンベリさんに触発され、今日本でも若者達が声を上げ始めています。

ニュースを見ながら「このままではいけない!」という気持ちが沸き起こってきました。若者たちだけでなく、私たちの生活で始められること・・・それはまず、暮らしの中の「省エネ」をもう一度見直したいと思います。

・夏の冷房は28℃以上に設定する。
・クーラーではなく、うちわや扇風機を利用する。
・冬の暖房は20℃に設定する。
・買い物のときにエコバッグを使う。
・家族での外出は、車ではなくバスか電車を利用する。
・エレベーターを使わず、なるべく階段を使う。
・LED電球など省エネタイプの照明を使う。
・省エネタイプのエアコンや冷蔵庫などを使う。
・誰もいない部屋の電気はこまめに消す。
・夜ふかしをしないで、早寝早起を心がける。

                       HITACHI 地球温暖化を防ぐ工夫より