HOME > 日々の祈りと活動 > 広島「平和のための集い」に参加して

日々の祈りと活動

フランシスコ教皇様の来日にあたり各地でミサや集いがありました。
11月24日に広島で行われた「平和のための集い」に鳥取共同体の姉妹が参加しました。


カテドラル大聖堂では、長崎のミサが映し出され、多くの方々がミサをともに与っておられました。夕方の平和の集いに入場できなかった人たちも、ここでモニターを通して「平和の集い」に参加されたそうです。
夕闇の中で二千人の深い沈黙のうちに迎えられた教皇様の「平和の巡礼者として、この場所を訪れる義務を感じていました」との言葉に、あの過密なスケジュールは教皇フランシスコならではできた、熱い思いがあってのことと思いました。
メッセージ内容は各新聞にお任せして、貧しい私の心に響いた言葉は「戦争のための、最新鋭の兵器を製造しながらどうして平和について話すことができるでしょう」でした。爆心地に立ち、世界にメッセージを発信される姿に「神の人」の強さと美しさを目の当たりにした思いでした。

             教皇様の広島平和記念公園 記帳メッセージ

わたしは、平和の巡礼者としてこの地の歴史の中にあるあの悲惨な日に、傷と死を被ったすべての人との連帯をもって悼むために参りました。いのちの神が、(わたしたちの)心を平和と、和解と兄弟愛へと変えてくださるように祈ります。    
                フランシスコ         
                2019年11月24日