HOME > 日々の祈りと活動 > 死者の月 

日々の祈りと活動

死者の月 

11月は、カトリック教会では「死者の月」とされています。特に11月2日は死者の日になっていて、今は天にいるすべての人を思いながら、死者のための祈りを共にします。愛する人ともう、話すことも触れることができないことは、とても悲しいことです。死は現実にはつらい別れかもしれません。しかし、私たちの目をイエス様に向けたら地上のいのちを超えた「永遠のいのち」があることに気づかされます。
亡くなられた方の魂が神さまの御もとで安らかに憩うことができますように、そして天の国から私たちを見守り祈りを取り次いでくださるよう、共同体で一緒に祈りながら死者の月を過ごしていきたいです。