HOME > 日々の祈りと活動 > 9月の静修 in本部共同体

日々の祈りと活動

 修道院では月に1度終日沈黙して祈る日があります。今日は、8月の黙想会や研修会でいただいた恵みを各自が振り返りました。本部共同体は、90代、80代、70代、60代、40代とはば広い年代の16人の姉妹が共同生活をしています。
 
 沈黙の祈りの後に一同が集まり、いただいた恵みや気づきを分かち合います。姉妹たちが病や自分の弱さや限界を抱えながらも、優しい神様の愛の導きによって日々歩んでいる様子が伝わってきました。共同体の中に、一人ひとりがいただいた恵みの光によって大きな光の輪ができあがりました!

 この光を携えて多くの人に福音の喜びを伝える者になれますように・・・・